派遣薬剤師になる前に知っておきたいポイント

派遣薬剤師として働く際の注意

派遣薬剤師として働く際の注意

薬剤師は正社員として働くのが人気ですが、他の働き方もあります。アルバイトやパートといった働き方の他、人気が高いのが派遣として働く方法ですね。どういった人に派遣がおすすめなのかというと、まず、残業ができない人です。派遣社員であれば残業なしでも可という職場も多いので、そういったところを選択してみましょう。

次に、自分のライフスタイルを優先させたい、仕事の拘束時間を減らしたいと思っている人にも派遣という働き方が向いています。それから、後々は正社員として働きたいと思っているものの、先に職場の様子を知っておきたいと思っている人も、その職場の派遣情報をチェックしてみてはどうでしょうか。

正社員として採用された場合、職場の雰囲気が思っていたのとは違ったとしても、すぐに辞めるとは言い出しにくいですよね。先に派遣として職場の雰囲気を確認しておけば、思っていたのとは違うという事態を避けることができます。

派遣として登録した場合、どのような働き方になるのかというのは、派遣先によって大きく異なるということを理解しておきましょう。フルタイムのように長時間働くものもあれば、週に数日、短時間だけ働くようなものもあります。

まずは、自分がどれくらいの時間働くことができるのかを考えてみましょう。 派遣として働く大きな魅力は、拘束時間がはっきりしているということです。

事前に結んだ契約に沿って働くわけなので、思っていた以上に残業が多くなってしまったという心配もありません。それに、正社員として働く場合は仕事内容の変更だけでなく、職場によっては転勤などの可能性もあります。

派遣社員であればそういった心配もないので、自分が希望する職場で安心して働くことができるでしょう。特におすすめなのが、紹介予定派遣という働き方です。これは、正社員として働くことを前提として働き始める方法で、契約期間が終了する際に雇用側と労働者の両方が希望をすれば、そのまま正社員として働くことができます。

派遣という働き方は不安だという人も、紹介予定派遣を検討してみてはどうでしょうか。

↑ PAGE TOP