薬剤師の資格を活かして治験コーディネーターに!

薬剤師から治験コーディネーターに転職したい!

薬剤師から治験コーディネーターに転職したい!

最近、薬剤師から治験コーディネーターへキャリアチェンジをしている人が、増えてきているそうです。 治験とは、新薬をリリースする前に、安全性や有効性を確かめるために行われる臨床試験のことです。 治験コーディネーターは、治験がスムーズに進行していけるように、製薬会社と担当医、そして患者さんを繋ぐ架け橋の役割を担います。

治験コーディネーター自体、特に医療に関する資格は必要ありませんが、薬学に関わる仕事であるため、薬剤師としての新たな可能性を見出だせる職業として、薬剤師のキャリアチェンジに人気があるのです。

薬学の知識は必要になりますが、主に被験者への治験についての説明(インフォームドコンセント)、被験者からの治験に対する相談を受けるお仕事となります。

そのため、コミュニケーション能力は必要となりますが、日程の調性やデータの管理などが多くあるので、事務処理に追われることのほうが多いようです。ですので、事務仕事が苦では無い人が向いていると思われます。

新薬の臨床試験はもちろんですが、最近では「ドラッグ・ラグ」が問題となっているので、そのための対策を行っていくのも治験コーディネーターの仕事となってきました。ドラッグ・ラグとは、日本では未認可だけど、海外では認可されていて普及している医薬品が多々あり、国内導入が遅れているという状況のことです。

ドラッグ・ラグを解消するためには、専門知識が豊富にあるスタッフが必要であり、薬剤師の知識は必要不可欠になります。そのため、今後はますます薬学に関する知識が治験コーディネーターに求められると思うので、薬剤師から転職するという人が増えてくるのではないでしょうか?

もちろん基本となる治験については、薬の相互作用などを予測し、確認する必要があります。 医療資格は必要無いとはいえ、こちらは薬剤師の資格を持っていたほうが、理解がしやすいのではないでしょうか?

また、自分が理解するだけでなく、インフォームドコンセントで被験者に薬に関しての説明をしなくてはならないのです。調剤薬局やドラッグストアでの勤務経験がある薬剤師ならば、薬の説明をする経験は十分に積んでいると思うので、比較的スムーズに行えるのではないでしょうか?

近い将来、薬剤師の人口が飽和状態になるとも言われています。 一方の治験コーディネーターは、今後ますます需要が高まっていくだろうと言われています。 少しでも興味が有るのならば、治験コーディネーターへの転職を考えてみるのも、良いと思います。

↑ PAGE TOP