未経験ならではの強みとは?

未経験から薬剤師として働くには

未経験から薬剤師として働くには

薬剤師は、未経験者でも歓迎している職場が多い職種だと言えます。 実際に求人情報をチェックしてみると、ドラッグストアや薬局など、たくさんの求人情報が出ていますが、経験者でなければ応募できないとしているものはほとんどありません。

これは、薬剤師が不足しているということも関係しているでしょう。 しかし、全ての求人情報で未経験者を歓迎しているわけではないのです。

例えば、企業の中には未経験者を不可としているところもあるようです。 仕事の中には薬剤師としての実務経験が3年以上なければ応募できないようなものもあるので、そういったものを選択したいと思っている人は先に経験を積むところから始めなければなりません。

CRCやCRAといった職業は、これらの仕事の経験がなくても3年以上薬剤師として働いていれば応募可としているところが多いようです。未経験者が働くのが難しい仕事といえば、専門性が高い仕事ですね。 仕事の中には非常に専門性が高く、たくさん勉強をしなければならないようなものもあります。

薬事業務や安全情報管理の仕事がこれにあたるので、検討している人は自分でも応募可能かどうかを事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

例えば薬事業務に就きたいと思っているのであれば、薬事法という法律を理解している必要があります。 安全情報管理の仕事では英語を理解している必要があるなど、職場によって求められる能力が違ってきます。

確かに薬剤師は不足していますが、転職が多い職業でもあるので、魅力的な求人情報は経験者も応募することが多いです。経験豊富な薬剤師に比べるとどうしても未経験の薬剤師は不利になってしまいます。

どうしても未経験で採用してもらえるところが見つからないという場合は、自分が希望している職種が未経験者向けではないという可能性も考えたほうがいいですね。最初から専門性が高い仕事に就くことは難しいので、まずは未経験の薬剤師を歓迎している仕事に就き、実務経験を積み重ねていきましょう。

↑ PAGE TOP